ミニマリスト向け最強バック「Minaalバッグ」

Minaal-ProTravel-Carry-On

小さな荷物で旅にしたいとき、選ぶのに最も苦労するのがバックです。
インターネットには何百というタイプのバックが売られています。いろいろと買ったのですが、なんだか自分にしっかりくるバックが無くて困っていました。原因は主に2つあり、

・アウトドア用になると登山のことしか考えていない製品しかない。
・日常向けの製品は逆に機能性がまったく考えられていない。

よって機能性も重視されていて使いやすいバックがミニマリストが持つべきバックだと言えると思います。

ミニマリストと言ってまず第一に浮かぶのはスーツケースですが、国によっては車輪をコロコロ転がすのが条例違反の国もあるんですね。(街の静寂を乱すため。主にヨーロッパ)
 

スーツケース以外で定番になってくるのはバックパック。

しかしこれ使ってみるとわかるのですが、腰ベルトが邪魔すぎる。変に中身が偏ってたりすると床に置いても立たなかったりするし、電車やバスの中ではめっちゃ邪魔者扱いされます。しかも腰ベルトのところは折りたためないし。外見的にもこんなんで普通の道歩いていたら変に目を付けられてしまいます。

だからといって一般的な形のリュックサックでは、小さすぎて荷物が収まりきれません。
学生が部活に使っているような肩掛け式のバックはあまり実用的ではありませんし、2つ3つバックを持つのもイヤです。

ということで以上の結果を踏まえ、最終的にミニマリストにとって最高のバックパックとはどれか。
 

ずばり、Minaal Bagです。

ミナールバックと読みます。
このバックの開発者はミニマリストのニュージランド人で、僕らと同じ悩みを前から持っていてそれを解決すべく自分でスタートアップをし、キックスターターで大量の資金を集め完成させました。
 

これの革命的な所は腰ベルトが収納可能なところ。肩ベルトも収納できて普通のバックの形にすることも出来ます。

Minaal-carry-on-bag-carry_1024x1024

またノートパソコンがそのまま収納できるようになっているので、Mac book Airの収納に困っているミニマリストにとっては最適。

バックのサイズが飛行機で手荷物として持ち込めるちょうどギリギリの範囲になっていたり、レインカバーをバックのおしりに収納出来るようになっていたり、チャックに南京錠をつける輪っかがついていてポテチ開けを出来なくなるようにしてあったりと、本当にいろいろなことを経験している人でないとなかなか気づかないようなこともしっかり対応されています。

Minaal-carry-on-bag-angled-with-cover_1024x1024 Carry-on-bag-open_1024x1024 Minaal-carry-on-bag-open_1024x1024
容量は35リットルですが、この35リットルは他のバックに換算すると50リットル程度のモノを入れることができるそうです。

現在新バージョンの発売になりました。ミナールさんからバッグの詳しい情報をもらって今日本語に訳しているところなので、もう少したったら購入方法や詳しい情報をここに載せますのでお待ちください。

シェアする
Tweet about this on TwitterShare on Facebook