ミニマリスト流、旅の仕方

おそらくミニマリストの方々は
新幹線に乗って、駅の近くのホテル泊まって観光地に行く
みたいな旅行はあまり好まないのでは無いでしょうか。もちろん僕もその一人。そこで今日は僕が実践しているミニマリスト流、旅の仕方とそのメリットを書きたいと思います。

まず最初に言いたいのは、ホテルには絶対泊まらないほうがいいです。
使い捨ての使いにくい洗面用具、固いベッド、やる気のない接客。なんでそんなものに一万も二万も払わなくちゃいけなのでしょうか。何もホテルに泊まらなくてもホテル以上の心地良い寝泊まりをする方法はいくらでもあります。ではどうするか。僕は以下の方法のどれかを使っています。

 

 ①カウチサーフィンで泊まる

couch surfing
カウチサーフィンというのは登録するとメンバーの人の家に無料で泊めてもらうサービス。その代わり自分の家の近くにメンバーが来たら泊めてあげるっていう素晴らしいもの。ホテルみたいに作られてない環境なので家にいるような感じで過ごせます。(というか家だし。笑)

登録してる多くの人はボランティア活動をしていたりNGOをやっていたりと素晴らしい人が非常に多いです。話していると得るものが本当にたくさんあります。しかも日本だったら危険性は皆無です。とてもおすすめです。ちなみに写真はうちにカウチサーフィンで泊まりに来たオーストラリア人。

カウチサーフィン

 

②ゲストハウスに泊まる。

guest house
これもとてもお勧めです。ホテルの300倍くらい良いです。場所によっては二段ベッド。個室もあるけどだいたい高い。
小さい部屋があって、そこにベットが並んでる。大体夫婦が経営してて、広間とかリビングとかキッチンとか風呂とかはでっかい共同のがある。出会う人は世界中から来てる。土日は予約した方がいい。ミニマリスト的概念を持った人が多いから話もしやすいです。一期一会だから何も気兼ね無く話せるし。

 

③AirBnBで泊まる。

airbnb
これは最近流行ってますよね。自分の家の部屋一つ余ってるから千円で泊まらせてあげるよ的なサービスです。お金払ってるからカウチサーフィンよりは気を使わなくて済みます。しかもみんなサブとしてやってるからホテルよりも良いサービスなのに安い。ホテルはそれだけで食ってかなくちゃいけないからどうしてもお金優先になっちゃうんですよね。まだ1回しか使ってないですが、とても良かったです。

airbnb

 

 ④友達の家に泊まる

friend house
行く先々で久しく会ってない友達の家に行って語り合うって最高じゃないですか。向こうも大歓迎だし、こっちも最高だし。こんな良いことはありません。旅行中に友達になった人の家に行くのも良いです。お互い親交を深めたいですからね。

 

⑤森のなかでキャンプ

hommock
これはこの5つの選択肢の中でもっとも過ごしやすいです。テントと寝袋さえあれば十分です。一泊くらいだったら食料とかも気にしなくていいですし。というかコンビニがそこら中にありますからね。僕はコンビニで適当に食料を買って、水はそこら辺の湧き水を汲んでのんびり過ごします。そして基本時にこの写真のようにハンモックでキャンプしています。荷物が格段に少なくなるので。
空気も綺麗だし、誰もいないから静かだし。最高です。ただ草むらが動いたり熊注意の看板見つけたりした時は焦りますけど。笑

そしてこうするメリットはビジネスではなくプライベートの人間と接することができるということ。
皆さんお気付きでしょうか。文頭に欠いた文章
”新幹線に乗って、駅の近くのホテル泊まって、観光地行く”
これ、全部ビジネスなんです。新幹線に乗って=JR東日本西日本、駅の近くのホテル=ルートイン、観光地=市役所
そんな旅をしていたらタダの浪費だと思います。ほとんどの人はビジネスで接してるし、そんなもので何も得ることはできないし、本当のコミュニケーションも取れない。だから僕は自分なりの方法で旅をしています。

あとこれは旅に出ると本当にわかるのですが、自分の思っている必要なもの本当に必要なものって結構違うんですよね。

例えばバンダナなんて人生に絶対に必要ないと思っていたけど、いざ旅をしてみるとどんなモノより一番使うようになったし、逆にパソコンは絶対必要だと思ったけど、いざ旅をしてみると案外そうでもない。

別に僕みたいにクレイジーなことをしろとまでは言いませんが、週末とかでもぜひ行ってみてください。土日休みの人は金曜を早めに上がってそのまま泊まりに行くといいです。

foot hot spring

シェアする
Tweet about this on TwitterShare on Facebook