ミニマリストの財布

身軽にミニマムな財布を持つことは消費社会の一員として、とても理にかなっていると思います。死ぬまで使うものですから。昔は別に何の財布でも良いや派だったのですが、よく考えるとおじいちゃんになっても使うということに気付き、ちゃんとしたものを持とうと決意しました。
そして問題はどの財布を持つべきかですが。

まずミニマリストとしての選定条件です。

・使いやすくて、壊れにくくて、コンパクト
・余計な機能は一切いらない
・シンプルで美しいデザイン

これらの条件を当てはまるものを一年くらいかけて探しまくりました。

 

そうすると最終的な結論は

のような革系の財布でコンパクトなものか、

 

のようなマネークリップかの2択になるんですよね。

それでどちらを選ぶかということになるんですが、様々なサイトや書物を読んだ結果
革系財布はお金を小銭まで含め非常に丁寧に扱う東洋的概念の財布で、
マネークリップはお金を自分の奴隷的な概念で扱う西洋的概念の財布ではないだろうかと思います。
なので、どちらにするかはその人の価値観によるところは若干ありますが、財布に関して西洋的概念のほうが絶対に良いです。なぜならば人間はお金の奴隷にならずにお金を奴隷にしなくてはならないから。

なので、マネークリップを選ぶのがミニマリストなのではないでしょうか。
そしてマネークリップにもたくさん種類があります。輪ゴムを使っている人もいますし、でっかい書類止めるクリップみたいのを使っている人もいます。
どちらも試してみましたが、とても使いにくかったです。それで最終的に行き着いた先が、カードも一緒にはさめるこれでした。

これ最高です。デメリットは今のところ全くないです。カードとお札が一緒に収納できるのでこれ一つ持っていれば困ることないし、めっちゃコンパクトだし。
そして何より10年20年使えて、水に濡れても問題無い。これは革系財布にはできませんよね。

そして僕の場合ですが財布の中身はこのようになってます。

 

my wallet

・クレジットカード
・キャッシュカード
・千円札1枚
・20ドル札1枚

基本時にクレジットカードで支払うのでこの現金はほとんど使いません。もしクレジットカードが使えないところがあってもそういうところの会計って大体千円以下ですし、千円以上だったらおろせば良い。そしていつでも海外に行けるように20ドル札を1枚持っています。(僕が持っているクレジットカードはこちら。

ポイントカードとか小銭入れとか割引券とか、そんなもの人生に必要ないです。

財布パンパンで困ってるって人はとりあえず一回やってみると良いと思います。無理だったら戻ればいいです。

wallet

シェアする
Tweet about this on TwitterShare on Facebook