悩みまくってミニマリストが持つべきカメラの最終結論を出した

shutterstock_175629998

ミニマリストになろうと決心し、いらないものをどんどん捨てていって、大体の人が頭を悩ますのが、カメラの選定ではないでしょうか。

コンデジだと物足らないし、一眼レフだと重くてミニマムではないし。僕も相当試行錯誤しました。

ちなみにここ10年の僕の試行錯誤歴ですが、

FUJIFILMのコンデジ→iPhone→NEX5N→iPhone5→RX100→断舎離→NEX5

という時系列をたどりました。

コンデジで物足らなくて、iPhoneでも物足らなくて、一眼買って、でもミニマムではないのでRX100に替えましたが僕には耐えられなかったです。

いろいろ考えすぎてよくわからなくなってしまったので、今一度カメラの定義を確認したいと思います。写真とはWikipediaによると、

穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。

と書いてあります。

つまり、iPhoneやRX100はカメラではなく、カメラを限りなく再現した電子機器という事になります。

なので僕は最終的にiPhoneをメインで使うという選択肢も、RX100を使うという選択肢も取りませんでした。

そこから紆余曲折あって僕が最終的にたどり着いたのが、

SONYのミラーレス一眼カメラ、α5100に、

SONY E 50mm F1.8 OSS SEL50F18の単焦点レンズをつけるという結論になりました。

理由としてはミラーレス一眼なので、しっかりとした正真正銘のカメラである。

そしてフルサイズにする必要はない。それはブランド性にお金を払っているだけでしかない。
なぜなら現代ではほとんどフェイスブックかツイッターか自分のサイトにしか写真をアップロードしない。

そこに上げる際には残念ながらサイズを落とす。レティナで見ても違いはない。よって必要以上に画素数を上げても実際には全く意味が無い。

そしてレンズに関してですが、一番求めているものはボケだ。それが無いとはっきり言ってカメラの意味がない。10年後くらいにはおそらくiPhoneにその機能が着いて本当に一眼が要らなくなる日が来るのだろうが、まだ来ていない。

僕はレンズをどうしてもひとつにしたかったので相当迷いました。最後の最後までズームレンズか単焦点レンズか熟考したのですが、ミニマリスト的に50mmの単焦点レンズ一本で行こうと心に決めました。

理由としては、ズームレンズは自分が動かなくても写真の構図を変えられるというメリットが有りますが、単焦点レンズだと自分が動かなくてはなりません。このモノに頼らず自分で動くという点がミニマリストにかなっていると思います。50mmでF1.8のレンズさえ持っていれば自分の腕さえ磨けばどうにでもなります。

また、ボディに関してですが、αシリーズ3種類(5000,5100,6000)に最終的に絞り、幾つかの理由から5100を選びました。

まず第一に5000にはタッチパネルがついていないし、いささか性能も劣ります。

6000にはファインダーがついていますが、一瞬を収めるという考え方からしてもファインダーを覗いて撮るという行為はあまりしないと感じたのと、6000の上部に付いている金属の部品がむき出しになっているのが、どうしても許せませんでした。

そんな理由からボディはα5100にしました。

そして僕らにはiPhoneで撮るという選択肢も残っています。僕の友人のポーランド人ジャーナリストはいつもiPhoneとミラーレス一眼をうまく使い分けて写真を撮っていました。

彼女の写真を見せてもらったのですが、風景画を取る場合にはiPhoneで十分です。カメラを出してセッティングしている時間があったらその風景を肉眼で、自分の目に焼き付けたほうが効率的です。

ミラーレス一眼だからレンズを付け替えられると思って、レンズを何個もかばんに入れて持ち歩くのは、いささかみっともないですし、本来撮りたいであろうその一瞬を逆に逃す結果になってしまします。

また、ズームインをして(50mm単焦点はこれにあたります。)写真を撮った場合のその瞬間の記憶は衰えないが、風景画(iPhoneがこれにあたります)を撮った場合は、その瞬間の記憶力は衰えると言われています。(Fairfield University)

ですので、本来のカメラのメリットであろう、50mmのミラーレス一眼で写真を撮るのがミニマリスト流ではないでしょうか。

シェアする
Tweet about this on TwitterShare on Facebook

6 thoughts on “悩みまくってミニマリストが持つべきカメラの最終結論を出した

  • 初めまして。

    映画シンプルライフを見てから「ミニマリスト」という存在に気付き、色々調べているうちにここのブログに辿り着きました。
    ブログのデザイン、内容、写真の撮り方、文章構成、全てにおいて無駄がなく。とても気に入りました。

    普段カメラはどのように運んでいますか?
    裸のままリュックにインでしょうか?

    私もカメラに最近凝っていて、NEX6を3年愛用しています。
    レンズは10−18と18−200のズーム二本。18−200は半年前に衝動買いしてしまいました。
    景色を撮るのが好きなので、超広角だけあれば正直事足りる事は事足りていたのですが、望遠をかった事により新たなカメラの魅力に引き付けられてしまいました。。。

    私は普段ポーターのカメラバックを使ってカメラを持ち歩いているのですが、カメラ、レンズ、財布、ケータイを入れるといっぱいです。
    旅行の時などは、カバンが二つになってしまうのがちょっと煩わしく、最近の悩みとなっています。

    • 返信遅くなっちゃってすみません。

      ありがとうございます。とても嬉しい。
      カメラはですね、直接リュックにINですね。笑
      傷が出てきたら出てきたでまた味がでるので、僕はそういう変化も楽しんでいます。

      ただ、選んだカメラが綺麗に入るバッグを持っているので、そんなに困ったことは無いですね。

      一眼って撮りたいから撮るっていうより、撮らなくちゃいけないから、一眼で撮るんだと思っています。

  • はじめまして、こんにちは! いつもブログ楽しく読ませていただいてます。

    私も「ミニマリストにとってのカメラ」という同じ悩みを抱えていたので興味深く拝見しました。レンズは明るし50mm単焦点を選択したとのことですが、風景はスマホに担当させることを考えると、むしろ被写体により近づける明るいマクロレンズという選択肢はなかったのでしょうか。それともお値段との兼ね合いだったんでしょうか。
    例えば、料理の写真を撮るにしても、よりボケ味を活かした写真にするなら、マクロレンズの方が適任だったのではないかと思います。また、APS-Cセンサのカメラの場合、50mmは実質80mm前後の中望遠レンズになってしまうため、意外に使い勝手が悪いのではないかと感じます(※私も同じ失敗をしました)。思い切って目の前の被写体を撮るためだけと割りきって考えれば、明るいマクロレンズを選択するのもミニマルかな、と思います。

    • こんにちは、返信めちゃくちゃ遅くなり、すみません。
      もし、見てくださっていれば幸いです。

      ん〜。難しい問題ですね。
      僕がカメラを持っている理由はこのブログに使う写真を撮るということだけなので、
      そこに集中して考えてみました。

      昔マクロレンズを使ったのですが、なんか違うなと感じてしまい、僕には合いませんでした。
      考えすぎたんでしょうかね。笑

  • 35mmのほうが50mmよりも使い勝手良いと思うのですが、どう考えて50mmにしたのですか?

    • かなり前に書いた記事なので、どういった経緯でそうなったのかうまく思い出せないのですが、
      すくなくとも死ぬほど調べて専門家にも聞いて出した結論だったと思います。

      実用的な部分だけでなくアートとしての写真ということで僕の場合は選んでいるので、そこはご了承いただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。